タマゴサミン

見込める効果

投稿日:

タマゴサミンは、関節痛の多くの要因とされる軟骨の摩耗に特化したサプリメントで、関節を構成している成分であるコラーゲンとプロテオグリカンの生成を活発化させるために、摩耗した軟骨を再生させることに特化しています。
ファーマフーズによる研究では、コラーゲンやプロテオグリカンなどのムコ多糖体を増殖させる効果を有すると証明されている上に、臨床のみならず実地的な見地からも関節痛に有効とされています。

どのような関節痛に効果があるのか

変形性関節症や関節リウマチに加えて、痛風やペルテス、骨肉腫まで関節痛に分類されます。このうち、タマゴサミンが効果を発揮するものは変形性関節症です。
タマゴサミンは関節痛に対する効果が期待できるサプリメントなのですが、関節のなかでも軟骨に相当する部分に何らかの異常がある場合に限り効果を有するために、関節痛といっても軟骨部分に何らの異常もない場合には、その効果が期待できないのです。
その分、軟骨部分の摩耗によって生じた変形性関節症に対しては絶大な効果を発揮するとされます。

変形性関節痛とは

40代以降の中高年層は関節痛になりやすい傾向があるのですが、その原理は軟骨部分が摩耗することによってクッションがなくなってしまい、骨と骨とが擦り合い痛みを生じさせてしまうわけです。人体の各関節部分で変形関節症を発症させてしまう可能性が最も高いのは、全体重がかかってくる膝になります。
加齢に連れて関節にある軟骨が劣化していけば、炎症を生じさせてしまう場合も少なくないようです。女性は、男性に比べて変形性関節症になりやすいとされており、肥満傾向のある人やスポーツを行っている人も膝への負担が過大になる傾向があるために用心するに越したことはありません。

膝のみならず、椎間板ヘルニアなどの腰痛に対しても、タマゴサミンの効果が見込める場合があるかも知れませんね。

タマゴサミンの摂取タイミング

タマゴサミンの性質に照らせば、関節を構成する各栄養素から関節部分に作用させていく旨の働きをするiHAの効果をなるべく最大限に引き出すようにすることが大事ですね。
そのために関節痛を軽減させるという目的のもとでは、睡眠中を巧みに活用していくことが理想であって、摂取タイミングとしては夕食後が適切でしょうね。

しかし、空腹時などに摂取した場合は、吸収効率の点からもオススメはできかねます。タマゴサミンの恩恵を最大限に受けるためには、適切なタイミングで摂取することを一定期間継続することが不可欠です。臨床実験の結果に照らしても、2ヶ月程度を目処に継続していくと効果を得られるはずです。

なかには効果が得られなかった旨の口コミなども存在するのですが、この要因はタマゴサミンを医薬品と混同していることにあるのかも知れません。医薬品は即時に効果を発揮することもままあるものの、サプリメントなどの健康食品は原則毎日の食生活とともに折り合いよく摂取していかなければ、その効果が得られる可能性は少ないのです。

無論のこと、タマゴサミンもこのサプリメントに該当するものですから、即効性を求めることはお門違いであって、関節に含まれている軟骨の修復のためには最低2ヶ月、出来ることならば半年程度は継続することを推奨します。

-タマゴサミン

関連記事

no image

タマゴサミンの成分・原材料

タマゴサミンには、主としてiHA、濃縮コンドロイチン、N-アセチルグルコサミン、Ⅱ型コラーゲンなどが配合され、それぞれの成分が相互かつ密接に作用しているために合理的なサプリメントといえます。ここではi …

no image

タマゴサミンと他サプリメントの違い

タマゴサミンは、関節痛などに有効とされるサプリメントとして一躍話題になっており、事実関節痛が軽減されたり解消された人はとても多いです。タマゴサミンと類似しているサプリメントが存在しますが、名称の知名度 …

no image

iHAとは

目次1 iHAは何から出来ているのか2 iHAの働き3 従来のサプリメントとの違い4 iHAの研究成果5 タマゴサミンのiHA配合量 iHAは何から出来ているのか タマゴサミンに含まれているiHAとは …